未経験でも働きやすそうな会社が多かったWebコーダー向けの転職サイト3選!

独学でフリーランスのコーダーとして仕事をしていますが、数年前はコーダーとしてWeb制作会社で勤務すべく転職活動を行っていた時期がありました。

当時の自分のスペックとしては、以下のような感じ。

  • 27歳の男
  • Web業界は未経験
  • WordPressテーマは素人ながら自作できるレベル
  • 自分で4サイトほど運営
  • 経歴は、SEで2年 → 農家で2年

人手不足もあってか、こんな未経験な状態でもたくさんの会社から高評価をいただいていました。20代で独学でサイト作れるレベルって意外と需要あるので、みなさん安心してください!

結局わたしは、Web制作でもコンテンツマーケティングという、制作よりもマーケティング寄りの会社に決めたのですが、当時の経験って未経験からWeb制作会社を目指している人にとっても役立つのではないかと思うことがあるかなって思います。

この記事では、実際に使ってみて「よかった」転職サイトです。たぶんWeb系の会社ってこの辺の転職サイトに集約されてくるんじゃないかなって思ったりします。

おすすめしたい転職サイト(エージェント)

Find Job!(ファインドジョブ)

Find Job!はちょうどいい会社が多い印象でした。Web系の会社が多くて、かつ未経験でも受け入れてくれるところも多いなって、個人的にはFind Job!はめっちゃ使ってました。

会社の雰囲気としてもカジュアルな雰囲気を出しているところが多く、「あぁ、こういうところで学びながら経験が積めたらいいなぁ」って思いながら、求人を漁っていたのを思い出します。

自分の中で「Find Job!で会社が見つかれば転職活動は終わり!」って思わせてくれるほど、好きになった転職サイトでした。

Find Job!の公式サイトを見る

Green(グリーン)

Greenの求人はカジュアルで「カッコいい!」ものが多かった気がします。また、Web制作会社に限らず時代の先端をいってるぜ系の企業が多いなって思いながら、当時のわたしは求人をスクロールしていました。

単純ですが、そういう今風(?)の会社ってやっぱり社員を大事にする風習があると思っています

未経験の求人も多かったですが、なんとなく受け身なわたしはちょっと求められるものが多そうだなってビクビクしながら、面接したりしてました笑

「バリバリ仕事して成長してやる!」って意気込みがある方はGreenが向いていると思います。

Greenの公式サイトを見る

ワークポート

こちらは厳密には転職サイトでなく転職エージェントになります。転職エージェントとは企業とわたしたちの間に仲介役みたいな人が入る形態の転職サービスですね。

ワークポートがよかったのは未経験のわたしでも受け入れてくれたところですね。他の転職エージェントは門前払いされたので、特別にワークポートには恩を感じています…

とにかく求人数がめっちゃ多いのが特徴だと思います。企業を取捨選択する労力が半端なかったですが、たくさんの企業の中から自分が行きたい企業だけピックアップして面接まで繋げてくれるのはありがたかったです。

正直ベースで話すとほぼ行きたくない会社でしたが、中には「おぉ、こんな会社もあるのか!」みたいなものあって、選択肢がだいぶ広がりました。

ワークポートの公式サイトを見る

ハローワークはおすすめしない

ハローワークの闇としてどんな会社でも無料で掲載できる点がありますね。転職サイトとか転職エージェントって企業側はお金払っているので、企業もリスクを取って求人活動しています。

ハローワークに並ぶ企業は、悪く言えば「楽して人を雇いたい」みたいな会社が多い可能性があります。

実際にハローワークで見つけた企業数社に面談しに行きましたが、「絶対に働きたくない!」って思う会社ばかりで早々に使うのをやめました。

もしかしたら、めっちゃいい企業もあるのかもしれませんが、この記事で紹介している「Find Job!」「Green」などに比べると圧倒的に質が落ちる企業が並ぶ可能性は高いと思いました。

未経験コーダ-の会社の選び方

わたしの基準にはなりますが、未経験の立場で生意気にもいくつかの「こだわり」をもって会社を選ばせてもらってました。未経験ってどうしてもブラック系の会社を選びがちなので、自分の中でハッキリと基準をもって選んだ方が幸せになれると思います。

当時どのように会社を選んでいたか、以下にまとめたので参考にしてください!

教えてもらえそうな社風か

いやらしい話、「教えてもらうため」に入社するわけですね。もちろん自分で勉強できる部分は自分で学ぶ前提ですが、どうしても会社や仕事じゃないと学べないことってあります。

わたしはコーダーになるために独学で勉強していましたが、仕事をし始めたころってPSDのデザインカンプからコーディングするってことを知りませんでした。こういうのって実際に仕事としてコーディングする立場にならないと学べないことだと思います。(しかもネット上に情報がない)

「ここが分からないんですが…」って質問(相談)した時に、手を止めて体を向けて教えてくれるような会社がベストです。
(わたしが入社したコンテンツマーケティング会社はこういう社風だったので、未経験からでもとても居心地がよく仕事しやすかったです)

そういう会社を探すのは難しいかもしれませんが、とりあえずオフィスが綺麗な会社は人を大事にしている気がするので、最低でも綺麗なオフィスの会社を選びましょう。

あとは、面接とか社員の方と話してみての雰囲気で感じるしかないですかね。。

オフィスが綺麗か

というわけで、オフィスが綺麗なことは大事な要素だと個人的には思っています。綺麗なオフィスって「社員に気持ちよく仕事をしてほしい」っていう会社からの気持ちだと思うんですよね。

(逆に社員が会社が好きで大事に思っているがゆえにちゃんと掃除しているパターンもあるかと思います)

いずれにしても、働きやすさとオフィスの綺麗さは密接に関係していると思っていて、面談の時点で汚いオフィスの時点で「やめとこ」って二次面接に進んでも断らせていただいてました。
(未経験の分際で生意気でした…)

自社開発か(客先常駐でないか)

IT企業は本当に客先常駐が多いですね。決まり文句としては「数年以内には自社開発をメインに切り替えたいと思っている。」じゃあ、その切り替わった時に入社を検討させてもらいますよって感じでした。

何度も言いますが、わたしは「教えてもらう」ために入社するわけでして、話しかけづらい人が多くなる客先常駐っていう選択肢はそもそもありません。聞ける人が1人か2人に絞られる環境っていうのは、めっちゃ不利だと思います。

仕事のやり方は人の数だけ色々あるので、自社でWeb制作していて、在籍すればするほど仲良くなって聞きやすくなるような環境の方が、絶対に仕事しやすいですし、伸びしろが大きいはずです。

仕事の幅が広げられそうか

コーダーとして入社するけど、スキル次第じゃデザイナーにもなれるし、WordPressも触れるかも、って会社の方が、学ばる幅が大きいです。コーダーだけの仕事って単純に面白くないと思います。

たぶんコーディングの基本スキルがあれば、コーダーのお作法は3ヶ月もあればマスターできます。じゃあ、その3ヶ月以降もずっと似たような(学びがないような)コード書き続けるのって、たぶんめっちゃ苦痛です。

コーダーとして入社したので、もちろんメインはコーディングですが、時にはデザインもさせてもらったり、WordPressも触らせてもらったり、とかできると、飽きないですし、学べるスキルの幅も多いのでおすすめです。

未経験のコーダ-の転職活動で準備すべきこと

未経験から転職活動している時に、わたしが頼っていたメンター的ポジションは、先ほど紹介したワークポートの転職エージェントでした。

美人な女性が担当だったので単純に話していて楽しいという下心が合ったのは内緒ですが、いろいろ必要な情報を聞くことができてワークポートを使って本当に良かったと思っています。

未経験からコーダーへの転職活動する上で必要なものをまとめました。

Web系はポートフォリオ必須

コーダーに転職活動を開始したわたしですが、当初はポートフォリオというものを持っていませんでした。そもそも「ポートフォリオって何?」って状態でした笑

聞くところによると、Web系に就職するなら「スキルが分かるようなサイトを作ってある」必要があるとのこと。その話を電話で聞いたわたしは、その後5日で超シンプルなWordPressテーマを作りあげて、ワークポートに提出しました。

ポートフォリオを用意してからは、ちょくちょく面談まで進めるようになったていうことがありました

いま振り返れば「ポートフォリオがないとどうやって判断するんだ」って感じですが、当時はそんなことにも気づかなかったんですね笑

コーダーであれデザイナーであれ、Web系の会社に就職したいならポートフォリオを用意しましょう!

自ら既に学んでいる状態であること

未経験の人が面接で何を聞かれるかというと、「今は何を勉強しているか」「何を勉強してきたか」ってことですね。この業界って基本的には独学できる人がどんどん伸びていくんですよね。

会社に依存しようって考えの人は、たぶん雇ってくれません。わたしの言う「教えてもらうために入社する」っていうのは、「仕事じゃないと分からない部分」に限った話でして、「pタグとdivタグの違いってなんですか?」みたいな、調べたら一瞬で出てくるような質問すると、ブチ切れられるかもしれません笑

「基本的なコーディングができるレベル」って独学で辿りつけます。最低でもその辺までは勉強して問題ない状態で面接に行きましょう。

未経験でもいいですが、未知識はダメです。

おわり


自分の転職活動の経験をもとに、未経験でも働きやすそうな会社が多かったWebコーダー向けの転職サイトを3つ選んでみました!転職サイトといいつつ転職エージェントが1つ混じっています笑

おさらいすると以下のとおりです。

とりあえず、未経験からWeb系の会社を狙うなら間違いのない3つだと思います。わたしは最終的に「Find Job!」と「ワークポート」で面談した企業から内定をいただきました。

このページが役に立ったら
いいね!お願いします

運営の励みになります...。

関連の記事