flexで横並び(縦の幅も自動で揃えられる)

flexで横並びを表現する際のサンプル。ブラウザの環境が追いつけば、横並びはflex一択になっていくことでしょう。

iPhone5
iPhone7
iPad
Full
×

メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。

メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。

メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。

メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。

メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。

クラス名

Source Code

右上の「コピー」からご利用ください。

<div class="my-parts">
  <div>
    <p>メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。</p>
  </div>
  <div>
    <p>メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。</p>
  </div>
  <div>
    <p>メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。</p>
  </div>
  <div>
    <p>メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。</p>
  </div>
  <div>
    <p>メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。メニューの関する説明を書くところです。</p>
  </div>
</div>
.my-parts {
  display: flex;
  flex-flow: row wrap;
  justify-content: space-between;
  align-items: stretch;
  text-align: left;
}
.my-parts div {
  width: calc(25% - 2px);
  border: 1px solid rgba(0,0,0,.1);
  margin: 1px;
  padding: .8em;
}
関連パーツ

Webパーツ屋とは?

HTMLとCSSをコピペで貼り付ければ実装できるコードをストックしているところです。「このデザインってどうやって実装するんだっけなぁ。。。」と調べる無駄な時間や自分で1からコーディングする時間を短縮することが目的です。

コーディングなんて所詮はデザインにそってHTMLやCSSを当てはめていくだけの単純作業です。当サービス「Webパーツ屋」をご活用いただきスピーディなコーディングを行なっていきましょう!

使い方について、詳しくは以下の記事で紹介しています。
コピペで簡単にコードを挿入できる「Webパーツ屋」というサービスを作りました!

免責事項

  • すべての環境において同一の表示になるとは限りません。環境に応じてコードは書き換えてください。
  • 当サイト「Webパーツ屋」内のコードは自由に利用していただいて構いませんが、使用したことで何かしらのトラブルが発生しても、管理人のわたしは一切の責任を負わないことをご了承ください。
  • 基本的にはChromeでしか動作確認していません...。