サイトの品質やパフォーマスを計測するツール

サイトのパフォーマンスをチェックするためのツールをまとめました。
※ 振り返るとほぼGoogleのツールとなりました笑

ここで紹介する指標がすべてではないですが、サイトのクオリティの目安として、または品質の担保として使ってみてください!

はにわまん
数字で出されると直したくなってきますね...

サイトのパフォーマスを計測するツール

まずはサイトのパフォーマンスをチェックするためのツールです。

PageSpeed Insights

PageSpeed Insights

Google公式のサイトのパフォーマンスをチェックするためのツールです。

2018年7月から仕様が代わり、「Lighthouse」の指標が使われています。
参考 → Using page speed in mobile search ranking

昔に比べると基準が厳しくなり、昔は高得点だったサイトも大幅に点数を落とすといったこともありました。

SEOを意識したサイトだと、ページスピードやパフォーマンスの基準は確実に「PageSpeed Insights」になります。

なお、スマホを計測するサーバーが海外にあるらしく、その信憑性に疑問を感じている日本人も多いです。

GTmetrix

GTmetrix

こちらもページスピードなどのサイトのパフォーマンスをチェックするためのツールになります。

先ほど紹介した「PageSpeed Insights」が登場する前の絶対的なエースでしたが、最近は影を潜めている感じはあります。

「PageSpeed Insights」が「Lighthouse」を採用する前の計測結果に似ているので、気になる方はこちらもチェックしておくといいかもしれません。

モバイル フレンドリー テスト

モバイル フレンドリー テスト

モバイルフレンドリーはスマホに最適化されているかどうかをチェックできるツールです。

こちらもGoogleが公式で提供してくれているツールになります。

URLを入力するだけでモバイルフレンドリーかどうかチェックしてくれるので、サクッとチェックしてみましょう!

今の時代はスマホ対応に不十分だとGoogleの評価も上がりにくいかもしれません。

スマホ対応できていたら以下のように「このページはモバイル フレンドリーです」と結果が出てきます。ちょっとうれしい。

サイトの品質を計測するツール

続いては品質をチェックするためのツールです。コーディングのミスなどを見つけられたりするので納品前のチェックとかでも使えるツールかと思います。

構造化データ テストツール

構造化データ テストツール

構造化データが正しくマークアップされているかをチェックできるツールです。こちらもGoogleが公式で提供してくれているものになります。

構造化については下記の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

【具体例あり】構造化データ「microdata」「JSON-LD」「RDFa」の違いとメリット・デメリット

リッチスニペットまで対応すると、検索結果に特別に表示されたりするので、作成するサイトに応じて構造化データを意識してマークアップしてみてください!

W3Cバリデーター

Web制作を仕事にしている人だとおなじみだと思います。W3Cはある種の「マークアップの正解」とされている1つの指標ですね。
※ SEO的に効果があるかは別です。

HTMLとCSSの2つのツールが用意されているので、こちら2つは抑えておきましょう!

HTML

The W3C Markup Validation Service

HTMLタグの構造が正しいかチェックできるツールです。タグが正しく対応しているかや、古いタグが使われていないかなどチェックすることが可能です。

CSS

W3C CSS 検証サービス

CSSもW3Cの基準でチェックすることができます。

微妙にベンダープレフィックスとかに対応してなかったりして微妙な部分はありますが、1つの基準になるので使ってみてください!

ちなみに、W3CのチェックをVSCode上に導入してコーディングしながらチェックしてもらう方法をあるので、VSCode使っているWeb制作者の方はぜひ導入してみてください!

VSCode内でHTMLとCSSのコードをW3Cチェック(バリデート)させる方法

運用しているサイトを監視するツール

最後に運用しているサイトを監視してくれるGoogleの公式ツールの紹介です。

Search Console

Google Search Console

Search ConsoleもGoogleが提供してくれているサイト運用者向けのツールになります。

下記のような機能を無料で提供してくれるので、サイト運営者が登録しない理由がありません

  • URLは検索結果に反映されているかどうか
  • 検索キーワードや検索順位の提供
  • サイトに問題が起きたときのアラート

例えば、インデックスされているかどうかを以下のような感じでグラフで表示してくれています。

おわり

サイトの品質やパフォーマスを計測するツールを紹介しました。ほぼGoogleのツールになりましたね。それだけサイト運営者にとってGoogleの存在感は大きいということだと思います…

こういったツールは指標の1つにすぎませんが、人に見せる時に客観的な根拠となるので、高い数字だと説得しやすいというメリットがあったりします。

パフォーマンスの証明が必要な状況になったときにぜひこの記事に記載しているサービスを使ってあげてください。

このページが役に立ったら
いいね!お願いします

運営の励みになります...。

関連の記事