Google reCAPTCHAでWordPressお問い合わせフォームからの迷惑メール(スパム)対策をしよう

Google reCAPTCHAを使ってWordPressのお問い合わせフォームの迷惑メール(スパム)対策する方法です。Googleアカウントをもっている方はすぐに対応できるので、迷惑メールで悩んでいる方はぜひお試しください!

2021年7月現在「バージョン2」と「バージョン3」がありますが、WordPressのお問い合わせプラグインのほとんどが「バージョン3」対応のため、「バージョン3」を前提に進めていきます。

Google reCAPTCHAのキーを取得する

Google reCAPTCHAから対象のドメインを登録してサイトキーとシークレットキーを取得しましょう。以下のページにアクセスしてください。
Google reCAPTCHA

右上にある「v3 Admin Console」を選択します。

以下のとおりラベル、reCAPTCHAタイプ、ドメインを指定してください。

  • ラベル・・・任意の値
  • タイプ・・・reCAPTCHA v3を選択
  • ドメイン・・・reCAPTCHAを設置する対象のドメイン

サイトキー、シークレットキーを取得する

登録するとサイトキーとシークレットキーが発行されます。

サイトキーとシークレットキーはWordPress管理画面から入力するので、この画面を開いたままWordPress管理画面の設定をしていきましょう!

WordPressお問い合わせフォームにキーを設定

WordPressのお問い合わせプラグインで有名なものをピックアップしました。それぞれreCAPTCHAの設定方法があるので見ていきましょう。

Contact Form 7の場合

[WordPress管理画面]→[お問い合わせ]→[インテグレーション]→[reCAPTCHA]→[インテグレーションのセットアップ]にアクセス。

サイトキーとシークレットキーを入力してください。

MW WP Formの場合

reCAPTCHA for MW WP Form」プラグインを追加します。

[WordPress管理画面]→[MW WP Form]→[reCAPTACHA v3]にアクセス。

サイトキーとシークレットキーを入力してください。

MW WP FormでreCAPTCHAを使う場合は、ショートコードの追加が必要になるので忘れずに追加してください。同ページの下部に案内があります。

Snow Monkey Formの場合

[WordPress管理画面]→[Snow Monkey Forms]→[reCAPTCHA]にアクセス。

サイトキーとシークレットキーを入力してください。

お問い合わせフォームの動作確認

お問い合わせフォームの右下にGoogleの保護マークが表示されていれば正常に動いています。以下のようなマークですね。

Google reCAPTCHAの仕組み

Google reCAPTCHAの基本としては、ボット対策のようなイメージをしてもらえたらいいのかと思います。ボットとは自動化されたプログラムのようなイメージですね。

お問い合わせフォームからくる迷惑メールは、自動的にフォームを見つけ定型文を機械的に送られていることが多いです。

Google reCAPTCHAを導入することで、ボットを緩和しつつ必要なお問い合わせメールだけ届くように自動で分類してくれるようになります。

Provenre
CAPTCHA has been at the forefront of bot mitigation for over a decade and actively protects data for our network of four million sites.

Customer-friendly
A frictionless fraud detection service that stops bots and other automated attacks while approving valid users.

Adaptivere
CAPTCHA’s risk-based bot algorithms apply continuous machine learning that factors in every customer and bot interaction to overcome the binary heuristic logic of traditional challenge-based bot detection technologies.

https://www.google.com/recaptcha/about/

おわり

Google reCAPTCHAでWordPressお問い合わせフォームからの迷惑メール(スパム)対策の方法でした。GoogleアカウントがあればWordPressのお問い合わせフォームにも簡単に導入できるので、迷惑メールで悩んでいる方はぜひお試しください!

この記事を書いた人

はにわまん

WordPressが得意なWeb屋。HPcode代表。

300件以上のWordPressカスタマイズを対応してきました。SE → 農家 → アフィリエイター → Web屋。生まれは三重県。